登校の子どもへの正しい対処方法とは?

こんにちは。里見です。

こちらの記事は僕がyoutubeで運用している不登校ぎんちゃんねるの文字起こししてコンテンツ化したものになります。

↓動画はこちらから↓

文字で読みたい方はこの先をお読みください!

スポンサードサーチ

こういった対応は実は逆効果!不登校の子どもへの対応

不登校の子どもたちへの対応は、どのようにすることが正しいと思いますか?

世間一般的に考えられている不登校の子どもへの対応は、実は子どもたちにとっては苦痛でしかない、逆効果のものも多く存在しています。

自分の担任しているクラスの生徒が不登校になった時に、何とか学校に来てもらおうとして、自宅を訪問して子ども自身に「学校に来て」と話をしたり、世話を焼いたりする先生がいるでしょう。

そう言った先生は一般的に良い先生と思われているかもしれません。

ですが、実は不登校の生徒にしてみれば、その行為は逆効果であることが多いです。

不登校の子どもはそうやって世話を焼いてもらうことに対して、罪悪感を覚え、苦痛を感じることが多く、本音は「お願いだから放っておいて欲しい」と感じているのです。

不登校の子どものことを思って自宅に訪問をしたりすることは、それをしている人からすると良いことをしていると思いがちなのですが、その実、不登校の子どもからすると苦痛でしかないという場合が多いのです。

不登校になった理由・タイプによって対応が変わる

先に紹介した方法は、すべての不登校の子どもにやってはいけないというわけではありません。

子どもによっては「学校に行きたくてもいけない…」というタイプの子どももいますので、そのような子どもについては、自宅を訪問したり、声をかけたりすることで学校に行くきっかけになることもあります。

ですが、そうではない子どももいるのです。

「本当は学校に行きたい」のではなく、学校に行きたくなくて、学校に行かないという選択をしている子どもにとって、無理やり学校に連れて行かされることは苦痛でしかないのです。

ですので、子どもの状態によってはご紹介したような「何とか学校に行かせようとする」という方法はお勧めできません。

学校に行きたくない子どもにとってそうすることは、場合によっては逃げ出すこと(家出や自殺など)を引き起こす可能性もあるのです。

スポンサードサーチ

不登校の子どもへの正しい対処法とは

不登校の子どもへの対処法として、一番良い方法は見守ってあげることです。

不登校になってしまっている子どもは、自身が不登校であることに罪悪感を覚えてしまっていることがほとんどです。

だからこそ、「学校に行きたくないのなら行かなくても良いよ。」「学校に行きたくなったら行っても良いよ。」ということを本人に伝えて、子どもの様子を見守ることが大切なのです。

「学校にずっと行きたくないのであれば、ずっと行かなくても良いよ」というようなスタンスで、「学校に行かないことがダメなことではない。」と子どもに伝えることで子どもを安心させてあげるのです。

そして、「学校に行かないのであればこれからどうしていくか」ということを親御さんなどの保護者が一緒に考えてあげるのが良いでしょう。

大人が「学校には絶対に行かなければならない」という思い込みを捨てて、「学校に行かない」ということそのものを肯定してあげることが大切です。

大人の価値観は子どもに大きな影響を与えています。だから、親や教師といった大人がこれまでの価値観をしっかりと書き換える必要があります。

価値観をしっかりと書き換えたうえで、「どうしてもつらいことや苦しいことがあるのであれば、学校に行かなくても良いよ」ということを子どもに伝えて、「それじゃあ、行かなくても良い方法を一緒に探して見ようか」と提案をするのです。

近すぎず遠すぎない、程よい距離感を保つことが大切

不登校の子どもにとって「困った時には伝えれば助けてくれる」「イヤな時にはかまわずに放っておいてくれる」という、程良い距離感を保って安心させてあげることが大切です。

不登校の子どもは親がかまってあげすぎると罪悪感を覚えて苦痛になり、放っておきすぎると「自分はどうでも良い存在なんだ」と孤独を感じてしまいます。

だからこそ、「あなたの好きにして良い。見守っているよ。助けてほしかったらいつでも言ってね。」と伝えることで子どもは「干渉しすぎないけど見守ってくれているんだ」とわかるのです。

不登校の子どもには、学校に行かないことを肯定してあげて、干渉しすぎずに見守ることがお勧めできる正しい対処法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です