私は言い訳の天才でした・・・

セールスコピーライターの里見です。

あなたは何か新しいことをやろうとした時や、
やらなければいけない。
でもなかなかスタートができずに困っていたことはありませんか?

「ブログをかかなればいけないんだけど」
「自己紹介文章を考えてみよう」
「勉強会を企画してやってみよう!」

こんなようなことをやらなくてはいけない、
やった方が良いということがありますよね?

ただし、これらのことは誰かに頼まれた訳ではなく、
自分のビジネスやこれからスタートするためのものであり、
特にやらなくても困るのは自分だけ・・・

というものの場合、
厄介なことにスタートできないことが多いのです。

私の過去がそうでした

何しろ私の過去は言い訳ばかりの人間でした。

自分でビジネスをやりたい。
自分の好きなこと、
得意なことを仕事にしたい。

そう思っているにも関わらず、
何もしようとはしなかったのです。
 
そして私は常にもっともらしい、
誰が聞いても「あぁ、それなら仕方ないですよねぇ・・・」
と言われるような言い訳を用意していました。

例えば・・・

・子供が小さくて子守をしないといけないから
・仕事が忙しくてちゃんと睡眠時間を取らないと悪影響が出るから
・家族の時間を大事にすることが何よりも大切にしているから

これらのことは今でも間違ってはいないとは思います。
しかし私はこれらのもっともらしい、
やらない理由を並べたかただけなのです。
 

結局そういう理由を持ってやらずに何をやっていたかというと、
ネットで動画を見たり、
ニュースサイトで衝撃映像を見たり、
まとめサイト巡りをしていたり・・・

完全に非生産的な時間を浪費していました。
 

プロ意識がないと言われた

上記のようなことは自分のための仕事であれば、
自分が困るだけなのですが、
私の場合はそれだけではありませんでした。

人から依頼された仕事に対しても、
色々と理由をつけては納期を遅らせるクセがあったのです。
 
 
実際にこれをやるとわかりますが、
完全に信用を失います。

 
ビジネスの世界で、
クオリティももちろん大事ですが、
一番はスピードであると思っています。

 
スピードが遅い、
特に納期に間に合わないのはもっとも信頼を落とす要因です。
 

「あなたはプロの意識に欠けている」

そう言われたこともあります。
 
何度かの失敗を経験して
私の中で一つルールを決めました。

無理矢理にでも締め切りを設定して厳守する

ということです。

これは自分の中で決めてもまず破るので、
必ず人に公言します。

コミットした締め切りを守るためには、
家族の時間や睡眠時間を削ってでも完成させます。

私の場合、
友達が少ないというラッキー(?)な人間なので
飲み会に誘われることはほぼ皆無なのですが、
もし誘われても締め切りの近い仕事があればそちらを優先します。

何が正しいのか?
何を優先させるかはそれぞれの価値観であり、
私が全て正しいとは限りません。

ただ、何か新しいことをやろうとするときに、
今やっている生活や行動パターンを変えずに、
結果だけを変える。
そういうことはまず無理だと思います。
 
もしあなたが何かをやりたい、始めたいと思うのであれば、
何を優先させるべきか?
一度考え直してみるのはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です